Unity

2020年の振り返り

今年作ったものについてのメモ 1月 作ったもの Oculus Questのハンドトラッキングでキャラクターを動かした github.com youtu.be その他 月末に滋賀県へ行ってきた。豊郷町には学生時代に1度行ったことがあったけど、その時はまだ豊郷あかねさんはいなかった…

Azure Kinect アプリ開発まとめ

最近作っているものをまとめた。 Azure Kinectを使ってVolumetric Video Streamingをしたい。簡易Holoportationを作りたい。 最近の進捗 加速度センサの値からデバイス姿勢推定 pic.twitter.com/CzV6Uet42J— sotan (@sotanmochi) 2020年6月20日 Volumetric V…

Oculus Questのハンドトラッキングでアバターの指を動かしてみた

はじめに Oculus Questのハンドトラッキングを使ってキャラクターアバターの指を動かした VRMモデル(ヴィータ)とユニティちゃんで動作確認した 各モデルの指ボーンの向きの違いを考えて調整する必要はない(HumanPoseを使っているため) 実行結果 Questの…

AR FoundationでLive2DモデルをAR表示させてみた

はじめに Live2DモデルをAR表示させるサンプルを作ってみた。ARFoundationを使って実装した。 Live2D ARFoudation Sample 実装されていること 認識した画像(ARマーカー)の上にオブジェクトを生成 実装:ARMarkerManager.cs Live2Dモデルの背面描画シェーダ…

Unityで画像をS3にアップロードしてQRコードを生成する

はじめに ARアプリで撮影した写真をAmazon S3にアップロードして画像のURLをQRコード表示するサンプルを作ってみた。 展示会などでARアプリを体験してくれた人達に記念撮影した写真のデータを渡せるような仕組みが欲しいと思ったので作った。 github.com 主…

Unityでテクスチャにお絵描きするための線分描画アルゴリズム

はじめに テクスチャにお絵描きする(線を描く)ことができるアルゴリズムの備忘録 完全版はスライドを参照 speakerdeck.com 作ったもの https://github.com/sotanmochi/SimpleDrawing-Unity 実装した線分描画アルゴリズムについて ピクセル単位で並列に処理…

テクスチャデータを圧縮してPhotonのRaiseEventとモノビットエンジンのRPCで送信する

はじめに 以前、Photonやモノビットエンジンを使って、ランタイムで生成されたテクスチャ画像(インメモリのデータ)を他のユーザーに送信する方法を実装した。 しかし、テクスチャデータを圧縮しないまま送受信していたので転送時間が長かった。 データを小…

Monobit Unity Networking 2 (MUN2) のRPCを使ってテクスチャデータを送信する

はじめに Monobit Unity Networking 2 (MUN 2)を使って、ランタイムで生成されたテクスチャ画像を他のユーザーに送信したい オンラインストレージを経由する方式ではなく、インメモリのデータをRPCで直接送信する方式で実装する ペンで手書きしたテクスチャ…

Photon Unity Networking 2 (PUN2) のRPCとRaiseEventを使ってテクスチャデータを送信する

はじめに Photon Unity Networking 2 (PUN 2)を使って、ランタイムで生成されたテクスチャ画像を他のユーザーに送信したい オンラインストレージを経由する方式ではなく、インメモリのデータをRaiseEventで直接送信する方式で実装する ペンで手書きしたテク…